おっぱいブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダグトリオの考察 攻撃は最大の防御

とりあえず簡潔にこいつの特徴を。
何といっても前面に押し出されるのは特性のありじごく。
確実に場に出ている敵を仕留めれられると思うと相当優秀です。
しかし、敵を仕留めるにしてはやや不安な決定力ですが
今回は命の玉や行動回数の保障をする気合の襷など決定力をカバーするアイテムが追加されているので安心です。(襷は決定力には直結していませんが。)個人的にはハチマキを持たせるのがベスト。

補足。特性のありじごくは、ただ単に殴って相手を潰すだけではありません。
宿木の種を撒いたあとにダグトリオを出すのは結構有名ですよね。
補助技のアンコを受けている敵に対して、こいつを出して無抵抗な敵をレイプしたりと、他のメンバーとの技の組み合わせ次第ではさまざまな戦略を立てられますので面白い特性です。

今回は、ただ単に殴るだけの潰しを考察したいと思います。

拘り鉢巻ダグトリオ
性格:ようき
努力値:攻撃252 素早252 HPあたりに6
持ち物:こだわりハチマキ
技構成:じしん つばめがえし じわれ おいうちorふいうちorつじぎり

ステルスロックをあらかじめ撒いておかないと襷で耐えられるとたまったもんじゃありません。
カイリキー、ヘラクロスあたりには高確率で勝てる、はず。
もろいのが多めな炎タイプ、電気タイプも潰し範囲としてみていいでしょう。(エレキブル、ヘルガー、キュウコンなど)
地面4倍のジバコイル、ヒードランもHP252振り、シュカ持ちだと乱数で耐えやがります。かてぇ。
結局相手の持ち物次第では確実に潰せる相手は存在しないと思います。
なので、相手の持ち物はよく見極めるのが大切。あっさりスカーフでやられたりしたらたまったもんじゃありませんからね。

選択技である追い討ちと不意打ちと辻斬りについて。
どれも悪タイプの技でありますが、性質はまったく違いますね。

まず、追い討ち。これは6on6向けかと思います。
十分相手が瀕死ダメージを背負っててなおかつ、特性のありじごくで縛られないポケモン。(飛行タイプや浮遊ですね)
このポケモン達に対して確実にダメージを与えつつ潰せることが出来ます。ゲンガー、ムウマージなんかはダグトリオには逃げることが多いので場合によっては一撃で倒せるかも。

辻斬り。威力・命中ともに安定した技で、耐久無振りゲンガームウマージも命の玉なら高乱数1発、鉢巻なら確定一発です。
しかしまともにこの技を受けることはないと思いますので、状況としては相手の控えポケモンがまったくいない状況でしょうか。

そして、不意打ち。相手が攻撃技を選択しているなら確実に先制できる悪タイプの技。ダグトリオよりも素早さが優れている相手にも先制でダメージを叩き込むことが出来ます。
スカーフでダグトリオを抜いてくる敵にも安心して打てます。
ただし、技の性質上読み合いになることが多いです。
相手が攻撃技しかないのを確認してから打つのが吉ですね。

とりあえず考察は終了。ダグトリオ育成の参考になったら幸いです。

何かがおかしい

dig.jpg

ディグダはどうなってるんだ、これ

きれいなぬけがらはちゃんと持ってる?

ジム戦で相手にしててこいつはえげつねぇと思ったのがダグトリオ
ポケモンバトルの重要な要素である「交換」を排除する特性ありじごくは恐ろしいですね。

味方Aは敵Aをタイマンで倒せるが、敵Bには後だしでも負けてしまう。
味方Bは敵Bを潰せて、敵Aには競り負ける。
この手持ちでは交換の読み合いが発生するわけですね。
しかし味方Bがダグトリオだとすると、相手は交換も出来ずに敵Bを潰せる。
後から出てきた敵Aにやられてしまうが味方Aで潰せる。
このように交換がいかにポケモンバトルで大事なことかとわかると思います。

6on6だと交換の要素がより強くなるからありじごく特性はかなり強力なはず。
そんなわけで今は、ディグダ孵化中。
孵化を終えたら技構成もそのうち考察してみたいなと思います。

やってみない事には始まらない

昨日、リアポケリーグの某常連さんと6on6をやらせて頂きました。
着たら詰んでしまいそうなポケモンにもポケモン交換先が5体あると全然違いますね~。
非常に充実した試合をさせていただきました。
長期戦だと砂嵐ダメージ馬鹿にならないということを再確認。

自分の心配してた事もなんとかなりそうな感じなんで、近いうちにジムで6on6をやろうと決断。
6on6スキーな挑戦者にも対応できるよう頑張ります。
とりあえず6on6用のポケモン2匹程度作ったらやってみますのでよろしくお願いします。

アダルトブログの選択肢があってちょっと迷った

このブログの訪問者履歴を見てると
いかにも女性がやってるようなブログが多いんですよね。
なんでこのブログに来るんだろう…

タイトルを恥じらいつつ見てると思うとたまらんね。
これからも少々の恥じらいを忘れずに、記事を書いていくのでよろしくね。

おっぱいおっぱい!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。